ネットバンキングの不正アクセス・不正ポップアップへの無償対策ソフト

スポンサーリンク

昨今利用者が銀行の正規のインターネット・バンキングのホームページにログインした際に、偽の画面(不正なポップアップ画面)が表示され、ID、パスワード等の情報が盗み取られる事態が発生し、盗みとられたID、パスワードを悪用して利用者の口座からお金を別の口座へ不正に送金するといったことが起きて時折ニュースになっています。

ネット銀行を利用している身としても気になっていました。

この現象はMITB攻撃と呼ばれる新しい攻撃手段によるもので、ウイルス対策ソフト等、従来のセキュリティ対策では迅速に対処しに くいという特徴を持っています。

MITB攻撃とは、パソコンに潜伏したウイルスがインターネット・バンキングの一部通信内容を改ざんし、正規サイトにアクセス中のブラウザに、パスワード等を入力させる等の不正な画面を表示させ、情報を盗む手段のことを指します。

住信SBIネット銀行によるセキュリティ対策

これに対してこれまで多くの銀行は利用者に対して「不正なポップアップ画面に注意して下さい」といった利用者の意識に頼る対策をところが多かったのですが、住信SBIネット銀行がネット銀行として初めてこの被害を防止するためのシステム的な対応をとってきました。

住信SBIネット銀行

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行がとったシステム的な対応というのはインターネット・バンキング不正送金対策ソフト「PhishWall プレミアム」を利用者のPCにインストールするというもので、ソフトは無償提供されています。

「PhishWall」はインターネット・バンキングを使った際に、MITB攻撃のチェックを行い、攻撃を発見した場合には警告メッセージを表示するソフトで株式会社セキュアブレインのHPからダウンロードすることが出来ます。

PhishWallクライアント

PhishWallクライアントのダウンロード

因みにこのソフトはセキュアブレイン社のHPを見る限り銀行側が設置したサーバ側のプログラムと通信して認証情報をやり取りすることで、真正なWebサイトかを判断しているので上記サイトからソフトをダウンロードしても銀行側が対応していなければ何の意味もありません。

今後他の銀行でも同様の対策が進んでいくのでしょうが、ネット銀行の中でいち早くこういう対策を取ってきた住信SBIネット銀行は評価されていいのではないかなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク