サイゴン証券(SSI)がMSCIフロンティアインデックスから除外される

スポンサーリンク

ベトナムの証券会社大手で売買シェアトップ3に入るサイゴン証券(SSI)。

日本の大和証券が大株主を努めるこのベトナムの大手証券会社はこれまでモルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナルが定義しているMSCIフロンティアインデックス(BRICsなどの新興国よりも未開拓の発展途上国の企業を指数化)の構成銘柄に含まれていたが、MSCIが2010年11月10日に公開した月次報告で11月30日以降構成銘柄から除外されたことがわかった。

スポンサーリンク

また、同じタイミングでベトナム株からは建設業のビナコネックス(VCG)もMSCIフロンティアインデックスから除外される。

MSCIフロンティア指数

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク