BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

MSCIフロンティアマーケット100指数が新登場

2016/10/20

MSCIは4月上旬にMSCIフロンティアマーケット100指数を新たに作成したことを発表しました。

 

MSCIは既にMSCIフロンティアマーケット指数というものを提供していますが、この指数を対象としてETFは見かけません。

 

そこでMSCIはフロンティア市場に投資するETFを組成しやすい、即ちフロンティア国々の中でも売買可能な100銘柄で構成された今回のインデックスを作ったようです。

 

MSCIフロンティアマーケット指数を対象としたETFはありませんが、ニューヨークメロン銀行フロンティアDRインデックスというフロンティア市場のインデックスを対象としたETF 「Frontier Markets ETF」(ティッカ―:FRN)がアメリカで上場しています。

 

下の図はMSCIの資料からの抜粋ですが、従来のMSCIフロンティアマーケットインデックスと今回のMSCIフロンティア100インデックスとでパフォーマンスに差がないことを示したいのでしょう。

スポンサーリンク

MSCIエマージングマーケットインデックスと共に2007年からのパフォーマンスがなんとも言えないですが(笑)

MSCIフロンティアマーケット100インデックス

出典:http://www.msci.com/resources/factsheets/index_fact_sheet/msci-frontier-markets-100-index.pdf

さて、このMSCIフロンティアマーケット100指数は21か国100銘柄(半数以上の57銘柄が金融系)で構成されているのですが、そのうちクウェートが約33%、カタールが約16%、UAE(ドバイ・アブダビ)が約11%とこの中東3各国だけで60%も占めていて、既に上場している既存の中東株式ETF 「Middle East Dividend ETF」(GULF)とか「Market Vectors Gulf States Index ETF」(MES)となんら変わらないのではと疑問を感じます。

尚、既にこの指数に連動するETFがiSharesから上場申請がされているようです。

-外国株式, 海外ETF
-, , , ,