BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

サッカーチームのマンチェスター・ユナイテッドが明日上場

2016/05/31

イングランドのサッカープレミアリーグのトップチーム「マンチェスター・ユナイテッド(通称 マンU)」が明日8月10日アメリカのニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場します。

ティッカーシンボルはMANU。

日本では楽天証券が上場初日から取引が可能なようです。

スポンサーリンク

シーズン開幕前のこの時期に上場するわけですが、株価はどう反応してくるでしょうかね。

今年から日本の香川真司選手がドイツのドルトムントから移籍することになり、株価よりも香川選手が活躍できるのかが気になるところですが、明日の上場初値も気になります。

マンチェスター・ユナイテッドを会社としてみた場合の日本語での解説として楽天証券が解説されていますので一部を下記に引用しておきます。

マンチェスター・ユナイテッドは小売・放送・試合の3つを主要収入部門としています。

[小売部門]

マンチェスター・ユナイテッドの500万以上のユニフォーム等のライセンス製品は130以上の国で200以上のライセンス契約会社を通じて販売されています。
また、ブランド製品は10,000以上の店舗で販売されています。

[放送部門]

2010/11シーズンは211ヵ国で40億人以上の視聴者を獲得し、1試合あたり平均4900万人(年間60試合)がライブで視聴しています。 マンチェスター・ユナイテッドのブランドやコンテンツは42ヵ国のモバイル通信プロバイダと54ヵ国のテレビプロバイダーがパートナーになっています。 スポンサー収入は2009年3,720万ポンド(約44億円)、2010年4,090万ポンド(約49億円)、2011年5,490万ポンド(約65億円)となっています。

[試合部門]

ホームスタジアムのオールドトラッフォードで行われるゲームチケットは、1997/98シーズン以来、完売が続いています。2010/11シーズンは29のホームゲームには200万人以上の観客が足を運びました。 また、世界中のファンを獲得する為に、世界各国で展示会やプロモーションツアーをおこない、過去3年間にわたってアメリカ・メキシコ・マレーシア・中国等で15試合を行っております。

スポンサーリンク

-アメリカ株
-,