BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

ジャパン証券(JSI)によるベトナムのインフレと株式市場への影響について

2015/02/23

ベトナム初の日本資本証券会社であるジャパン証券(Japan Securities Incorporated)は、本日テレビ東京のモーニングサテライトに同社の竹内アナリストが生電話インタビューに対して、

主に現状のベトナムのインフレと株式市場への影響について以下のように述べた。

要約

現在、デフレの日本とは異なりましてベトナムではインフレが進んでいます。

4月24日にベトナム統計局から発表された4月の消費者物価指数(CPI)は前月比3.32%増で、1991年以来の最高値を記録しました。

スポンサーリンク

これで2011年書から4月までの累積インフレ率は既に9.65%、今年の政府設定目標値である7%を大きく上回っている状況です。

そうしたなかで株式市場はインフレを織り込む形で調整を続けています。

動画はテレビ東京 モーニングサテライトのHPにて観れます。

-ベトナム株ジャパン証券JSI
-, , , ,