BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

中東イスラエルの株に特化して投資するETFが誕生

マーケットベクターが新たにイスラエル株に投資するETF(Market Vectors Israel ETF)を組成しました。

ETFの銘柄コードはNYSEArca:ISRA

このETFはイスラエルの株式に投資するETFでベンチマークとなるインデックスはBlueStar Israel Global Index (BLSTR)というものになります。

スポンサーリンク

このインデックス内の株式はイスラエルのテルアビブ証券取引所の上場している株式だけでなく、イスラエル外で活動・上場しているイスラエル国籍の企業、イスラエルで大半の収益をあげる企業などが含まれています。

完全レベル別 30代~50代のための海外投資「超」入門

完全レベル別 30代~50代のための海外投資「超」入門 [書籍]

著者岡村 聡

出版社東洋経済新報社

出版日2012/03/09

商品カテゴリー単行本

ページ数188

ISBN4492732837

Supported by amazon Product Advertising API

インデックスは93社で構成されていて上位3つのセクターは、情報技術(29.9%)、ヘルスケア(26.3%)と金融(19.1%)となっています。(2013.6.24時点)

イスラエルといえばIT(情報技術)産業なので最も割合が高いセクやーが情報技術セクターなのは当然でしょう。

ETFの信託報酬は年0.59%。

これまでイスラエルに特化して投資するETFとしてはiShares MSCI Israel Capped Investable Market Index ETF (EIS)しかありませんでした。

EISも信託報酬は年0.59%なので今回のISRAと競合することになります。現在のところ資産は約75億円。

こちらのインデックスでは上位3つのセクターがISRAとは異なっていて金融(27.7%)、ヘルスケア(22.4%)、材料(14.96%)となっています。

EISの投資リターンは直近1年だと+約20%、3年だと-3%となっています。

さっきも言ったようにイスラエルといえばIT企業、そして金融産業が活発というイメージがあります。

スポンサーリンク

イスラエル企業の中で自分が最近目にするのがトレーデンシー社です。

この会社は現在FX(外国為替)で盛んな自動売買分野でシェアを拡大している企業で、ミラートレーダー(MirrorTrader)というシステムを開発し、今では世界の多くのFX会社に導入されるまでになり、昨今日本のFX会社でも導入が進んでいます。

-海外ETF
-, , , , ,