BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

日本版ISA(愛称NISA)の口座開設受付は2013年10月から

2014/10/07

少額投資非課税制度(日本版ISA)用の口座開設の受け付けは13年10月からのようです。

口座開設は税務署に申告し、「非課税適用確認書」を得る必要がありますが、金融機関に住民票などを提出すれば代行してくれるということで殆どの人は証券会社等の金融機関経由で口座開設することになるでしょう。

スポンサーリンク

口座開設する上での注意点としては、税務手続きの関係上いったん1つの金融機関でISA口座を開設すると、4年間は他の金融機関でISA口座を開設できないということ。

金融庁は「今後の税制改正で金融機関の乗り換えができるように早期に要望していきたい」としているが、いつ乗り換えができるように改正されるかは分からない。

今年秋の口座開設時には自分が投資したい商品、ISAに適した商品が揃っているか今一度チェックしたいところ。

[note]

ISAに適さない商品とは?

例えば、未だに人気の毎月分配型投信などの普通分配金も非課税だが、受け取った分を再投資すると非課税枠が減るので多くの人にとっては適さない。

[/note]

-NISA口座に関するまとめ
-, , , , ,