ふるさと納税の確定申告が2015年からは不要

2015年以降更にふるさと納税が一般大衆に浸透しそうです。

現在、ふるさと納税を行うと所得税と住民税双方から控除されるようになっているのを2015年以降住民税からの控除に一本化。

更に「ワンストップ特例制度」という制度を創設して税金を収める自治体への控除申請を、ふるさと納税寄付先の自治体が代行することで、これまで税金の還付を受けるのに必須だった確定申告が不要になる模様です。

ふるさと納税、控除上限を倍増へ 政権、税制大綱に(朝日新聞)

殆どのサラリーマンは確定申告を面倒くさいと考えていて、住宅ローン控除の時ぐらいしか確定申告したことがない人が殆どだと思います。

そんな確定申告は、ふるさと納税の拡大を図る上で最大の障壁になっていたことだと思うので確定申告不要でふるさと納税が更に活発になりそう。

スポンサーリンク

更に、控除額も現状の2倍に拡大されるということもふるさと納税拡大を後押ししそうですね。

現在の控除額限度額計算は以下を参考にしてください。

ふるさと納税の控除限度額計算表(年収別・単身家族持ち別)

ふるさと納税の豪華特典は制限されるかも

確定申告不要に控除額倍増とふるさと納税の拡大・振興策が来年遂行されるわけですが、その一方で読売新聞によるとふるさと納税した見返りという形で自治体から提供される特典には一定の制限が設けられる模様です。

どんな制限が設けられるかは不明ですが、金券やポイントなどの換金性が高い特典は制限が加えられるかもしれませんね。

ふるさと納税の還元率ランキング(金券及びポイント編)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ