ふるさと納税の還元率ランキング(金券及びポイント編)

ふるさと納税では各地方自治体が地元の特産品などを寄付した人へ還元して人気となっています。

しかし、ふるさと納税をして節税をしたいけど、あんまり好みの特産品が無いなとか、欲しい特産品があったけどすごく人気で既に今年の受付が終了してしまっている場合などがあります。

そこで、注目されるのが金券やポイントを還元してくれる自治体です。

今や全国各地でふるさと納税を受け付けていますが、金券やポイントを還元してくれる自治体は中々ありません。

いや正確には金券やポイントを還元してくれるところはあるのですが、寄付先でしか使えないようなものばかり…

これでは全国各地の寄付者にとって利用するのが難しく、実質的に価値がありません。

そこで今回は全国各地またはインターネットで使える金券やポイントをふるさと納税で還元してくれる自治体を還元率順にランキングしてみました。

ふるさと納税 高還元率ランキング表(金券・ポイント版)

自治体還元率金券、ポイント種類最低寄付額備考
大阪府泉佐野市50%ピーチポイント1万円
石川県加賀市50%DMMマネーなし2015年3月末で終了
長野県大町市
40%QUOカード5千円終了
大阪府泉南郡熊取町
30%旅行券1万円
千葉県市川市20%Tポイント1万円2015年7月末で終了
福岡県糟屋郡宇美町
10%図書カード5千円終了
宮城県牡鹿郡女川町
10%QUOカード5千円終了

1位のピーチポイントは前回”お得すぎる!ふるさと納税で航空券ゲット 還元率50%超え”で紹介したように、航空券の購入などに使えるピーチポイントというのを寄付額の半額分得られることが出来ます。

知っている人は実践している「ふるさと納税」でピーチの航空券が50%引きになる方法
ふるさと納税すると格安航空LCCのピーチの航空券購入に使えるポイントをなんと寄付金額の50%分もくれる自治体があります。それは大阪府泉佐野市。泉佐野市には西の玄関口である関西国際空港があります。 By: Ippei Ogiwaraその関西国際空港を拠点としている日本初...

大阪府泉佐野市へのふるさと納税申込みページ(ふるなび)

ふるなびはふるさと納税の支払い方法としてYahoo公共料金支払い(クレジットカード)が可能なので、貯まっているTポイントも寄付に利用出来ます。

ふるなびでのふるさと納税支払い方法については、下記サイトの記事が分かりやすいです。

ふるさと納税で約2万円もする高級トースターを自己負担2000円でもらっちゃお...
自己負担2000円で様々な特典が貰えることで大人気のふるさと納税。今回、そのふるさと納税のお礼として、約2万円もする高級トースターを頂きました。頂いたのはアラジンのグリル&トースター。

また、新たに石川県加賀市が同市を発祥の地とするDMM.com内で利用可能な電子マネー「DMMマネー」を寄付額の50%分付与するのを2015年3月31日までの期間限定で開始して話題となっています。注)既に終了

DMM.comふるさと納税

スポンサーリンク

3位の長野県大町市では5000円の寄付で2000円分のQUOカード(クオカード)がもらえます。注)既に終了

QUOカードはご存知の通りコンビニを始め色んなところの買い物で支払いに使えるので殆ど現金と同じ使い勝手。

photo credit: Nemo's great uncle via photopin cc

還元率も高く、寄付金額も5000円と低いので是非寄付先候補に入れたいところ。

因みに大町市のQUOカードは複数回寄付しても1回だけもらうことが出来ます。

3位の千葉県市川市のTポイントについても以前このブログで紹介しました。

ふるさと納税でTポイント2000円分ゲットして実質負担0円にする
最近ブームになっている感があるふるさと納税。自分の故郷と関係なく、地方自治体に寄付すると寄付の殆どが所得税の還付と住民税の減額という節税で戻ってきます。ふるさと納税は2000円の負担で2000円以上の価値が得られるふるさと納税すると最大で寄付額か...

こちらは1万円寄付する度に何度でも2000円分のTポイントがもらえます!

ですので、ふるさと納税で自己負担が2000円になる寄付金限度額まで余裕がある場合などには寄付の候補先に入れてみてください。

尚、2015年6月24日の読売新聞にて下記のように市川市のTポイント贈呈については、総務省から自粛要請が出ている事から今後姿を消す可能性が高い。

Tポイントを受け取りたい場合は早めに申請した方が良さそうだ。

千葉県市川市が「ふるさと納税」の返礼として行っている「Tポイント」の付与に対し、総務省が自粛を要請していたことが23日、分かった。同省は、換金性の高いプリペイドカードなどを贈らないよう求めた通知に抵触すると判断した。これに対し、市川市に6月22日、総務省から自粛を要請する電話があった。市の担当者が23日、抵触内容を確認するため同省を訪れ、文書で回答を求めた。

読売新聞の取材に対し、総務省市町村税課は「通知で自粛を要請 している『返礼品の価格表示』と『換金性の高いカード』に該当する可能性が高い。自粛するかどうかは自治体が判断することで、国は強制しない」と説明。換 金性の高い返礼品を贈っている他の自治体に対しても、市川市と同様に助言していくという。

出典:ふるさと納税で「Tポイント」総務省が自粛要請(読売新聞)

2017年に入ってからふるさと納税の高額返礼品に対する都心部を中心とした自治体から批判が挙がっている。

それを受けてか3月末総務省からの指示もあり、金券やポイント付与に関する返礼品はかなり少なくなっています。

ふるさと納税の寄付額に対して返礼品の上限を30%までにするような指示も出ているようなので、気になる返礼品がある場合は早め早めの行動が重要となっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ