ベトナム初のオープン・エンド型投資信託は債権ファンド

スポンサーリンク

ベトナム債券ファンド-ジャパン証券

ベトナムにある日本資本の証券会社である「JSI ジャパン証券」は同社初となるファンドの販売開始を公表しました。

今回販売を開始するファンドは、ベトナムで取扱いが認可されたオープン・エンド型の第1号となるもので短期債券に投資する債券型ファンド。

以下ジャパン証券から公開された情報からファンドの概要と手数料などについて紹介しておきます。

[投資対象]

  • 国債
  • 社債
  • 譲渡性預金
  • 政府保証債権

など

[ファンドのメリット]

個人投資家レベルでは投資困難なベトナムの社債、確定利付証券、国債に投資できること。

スポンサーリンク

[手数料]

  • 年間管理費用:0.9%/年
  • 保管費:0.08%/年 ※保管会社はHSBC
  • サービス料:0.035%/年
  • 受益証券発行手数料(購入手数料):ファンド購入金額の0.5%
  • 買い戻し手数料:ファンドの保有期間によって0%~2%で変動(6ヶ月以上保有した場合は0%)

[最低購入金額]

1000万ベトナムドン(日本円で約45000円)

[リスク]

為替、社債を発行している会社の信用低下、ベトナムの政治などカントリー・リスクなど

尚、当ファンドを購入するにはジャパン証券かそれ以外でもいいのですが、ベトナムの証券会社に口座を保有している必要があるとのことです。

さらに詳細情報を聞いてみたい方はジャパン証券(JSI)に問い合わせてみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク