BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

アゼルバイジャンの世界一高いビル建設予定地カザールアイランドに行ってきた

2017/03/20

すっかり記事にするのを忘れていましたが、昨年11月アゼルバイジャンに行った際に日本人として初めて訪れたカスピ海沿岸に建設中の世界最大規模の人工島『カザールアイランド(KHAZAR ISLAND)』について書いてみようと思う。

近隣の海洋国家バーレーンをモデルにした新都市建設でアゼルバイジャンの首都バクーの中心部から27キロメートル離れた車で約30分のところに建設中のカザールアイランド。

世界一高いビルやF1サーキットや競馬場、はたまたディズニーランドの建設などが予定されているなど超巨大都市プロジェクトとなっています。

カザールアイランドのプロモーション映像↓

私が行った時にはまだまだ工事の初期段階という感じで更地も多かった印象で、予定通り行くのだろうかといった感じ。

カザールアイランド-201311-02

カザールアイランド-201311-01

(写真撮影:管理人)

F1サーキット、競馬場などが建設されるカザールアイランドとは?

カザールアイランドの総事業費は約12兆円。

そのため色々な物が建築される予定になっています。

主なものとしては、ドバイのブルジュ・ハリファを超える高さ1050メートルのビル『アゼルバイジャンタワー』の建設。

建設費用10億ドル、建設用地10ヘクタール(東京ドーム2個分)というアブダビのシェイク・ザイード・グランド・モスクの2倍を誇る世界最大のモスク建設。

ディズニーランドの建設。※1

スポンサーリンク

そして2016年以降開催が検討されている自動車レースの世界選手権F1用のサーキット建設などがあります。
F1-アゼルバイジャンGP
カザールアイランド-イメージ図-F1
追記: 2016年からF1が開催されることが発表されました。サーキットではなく市街地レースとしてバクー市内に特設サーキットを作ってレースが行われます。

アゼルバイジャンF1GPコースレイアウト出典:gptoday.com

一般的な日本人感覚からすると本当に実現できのか?と思わずにはいられないほどの巨大プロジェクトです。

しかし、すでにヨーロッパ・中東の国々だけでなくアメリカや中国からも注目を集めており私達が訪れたカザールアイランドを開発するAVESTAの会長のお話によると、アゼルバイジャン政府や企業にだけでなく、トルコ、アメリカ、イギリス、中国、フランス、イタリア、ドイツ、そしてアラブ首長国連邦、サウジアラビア、クウェート、カタールなどの国々などが投資を行っているそうです。

カザールアイランド-201311-03

AVESTAの会長によるカザールアイランドに説明(写真撮影:管理人)

因みにこのAVESTAという会社、アゼルバイジャンの貧しい農村部のインフラ支援を行うための会社としてアゼルバイジャンの国家元首イルハム・アリエフ大統領が100%ポケットマネーを出資して設立されたなんとも珍しい会社なんです。

※1:AVESTAの会長のプレゼンではディズニーランドについてはまだ契約は完了しておらず、希望的展望ということでした(笑)

-アゼルバイジャン観光
-, , , ,