ETN(上場投資証券)上場で知ったNoteとBondの意味の違い

明日8月23日、東京証券取引所にETN(上場投資証券・指標連動債)が上場します。

ETNはExchange Traded Noteの頭文字をとったもので、株価指数をはじめ金や原油・大豆・コーン・砂糖など商品・貴金属などの価格にも連動する債権(発行機関が連動を保証する債権)。

スポンサーリンク

自分のような一般人からすると債権という言葉は英語だとBondだからExchange Traded BondでETBなんじゃない?

と思いましたが、調べてみるとNoteという単語も債権という意味。

NoteとBondの意味の違い辞書で調べてみると、Noteが償還期限10年未満の短中期債権を指すのに対して10年以上の債権をBondと言うそうです。

勉強になりました。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ