次に読んでみたい本:バングラデシュ経済がわかる本

スポンサーリンク

成長著しい「次の新興国マーケット」 バングラデシュ経済がわかる本

成長著しい「次の新興国マーケット」 バングラデシュ経済がわかる本 [書籍]

著者南谷 猛, 浅井 宏, 松尾範久

出版社徳間書店

出版日2011/03/29

商品カテゴリー新書

ページ数198

ISBN4198631379

Supported by amazon Product Advertising API

ネクスト11の一角バングラデシュ。

そのバングラデシュ経済の強みと弱み、株式市場について書かれた本。

本書は恐らくバングラデシュの株式市場について書かれた最初の本ではないかと思う。

ダッカ証券取引所の規模からスリランカ、インド、パキスタンなど周辺国との比較、投資家が投資する上での情報をどこで入手するかについて書かれているようだ。

因に、バングラデシュの株式市場は昨年末から年初にかけてクラッシュし、高値から40%以上下落するなど荒れた。

バングラデシュ ダッカ証券取引所 General指数 直近5年間の動き(下図:Bloombergより)

スポンサーリンク

実際に投資するかどうかは別として、ユニクロをはじめ近年日本のメスメディアにも登場することが多くなってきたバングラデシュの経済に興味があるので一度読んでみようと思う。

関連イベント:本書の著者が直接バングラデシュ経済について語るイベントが7月5日、東京六本木にあるワールドインベスターズ・トラベルカフェにて開催

そして、バングラデシュといえば個人的にはマザーハウスの山口さんの本は是非とも読んでみたい。

20代の若さで実際にバングラデシュで企業し、そして数々の失敗、挫折、裏切りに遭いながらもマザーハウスという途上国発のバックブランドを構築している山口さんの生き方とはどんなものなのか、生きたバングラデシュの実情について知る上でも読みたいと思う。

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) [書籍]

著者山口 絵理子

出版社講談社

出版日2007/09/22

商品カテゴリー単行本

ページ数263

ISBN4062820641

Supported by amazon Product Advertising API

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク