[期間限定]退職金をノーリスク且つ高金利で資産運用する裏技

スポンサーリンク

退職後1年間のみの期間限定で退職金をノーリスク且つ高金利で資産運用できる方法があるのを知っていますか?

退職後の1年間に限定していくつかの銀行が退職金専用の定期預金というのを設けています。

退職金専用定期預金

この退職金専用の定期預金の金利は2%~3%と現在の低金利日本ではかなりの高金利。

仮に退職金が2500万円だとすると1年後には銀行に預けておくだけで2546万円と46万円もお金が増えるので使わない手はありません。

最近アベノミクス効果なのかどうかは別として株価は上昇、為替は円安になっていて、株式投資や外貨預金に大金をつぎ込む人もいるかもしれませんが、いずれも元本を割り込む可能性がある投資方法で安易に始めてはいずれ痛手を被ることが多い。

特に外貨預金は元本保証されていると勘違いしたり、金利年5%とかいった高金利表記にダマされる人も多いです。元本保証はあくまで外貨(ドルやユーロ、豪ドルなど)では保証されているだけで、日本円で保証されているわけではないですし、銀行の外貨預金は手数料が高い(買値と売値の差が何十銭もある)ので預入期間によっては為替レートが変わらなくても元本を割り込みます。

それに対して今回紹介した退職金専用の定期預金はその辺りの元本割れリスクは無い。

スポンサーリンク

退職金専用定期預金のデメリット

ただ、この退職金専用の定期預金1年間使いこなすにはちょっと面倒が伴う

それは退職金専用の定期預金どこの銀行も1ヶ月~3ヶ月の期間限定となっているため、1年間退職金を運用するには複数の銀行に口座を開設し、1ヶ月~3ヶ月毎に退職金の預入先を変更する必要があということ。きっと面倒くさがり屋の人には出来ないだろうと思う(笑)

以下に東京で1年間退職金専用の定期預金を運用するのに適した銀行(地方銀行の東京支店含む)をリストアップしておきますので参考にしてください。

  • 東和銀行(年:1.85% 預入期間3ヶ月)
  • 愛媛銀行(年:3% 預入期間1ヶ月)
  • 静岡中央銀行(年:2.1% 預入期間3ヶ月)
  • 八十二銀行(年:2.3% 預入期間3ヶ月)
  • 群馬銀行(年:1.8% 預入期間1ヶ月)
  • 池田泉州銀行(年:2% 預入期間2ヶ月)

退職金専用の定期預金は、八十二銀行なら「セカンドライフプラン」、静岡中央銀行なら「ひとまずプラン」と各銀行でそれぞれ独自の商品名が付いていることが多いので分からない場合は直接行員に聞くのが早いと思います。。

※上記金利,銀行の出典:MONOQLO

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク