モンゴル株式市場 2010年上期アジアで1番の上昇率

海外サイトをうろちょろしていたら、スリランカ株式市場が現在のところアジアで1番の上昇率となっているという記事をみました。

ということで2010年1月~6月2日までのスリランカ株インデックス(ASI)の上昇率を計算してみると21%の上昇に。

さらに本当にスリランカ株がアジアでベストパフォーマンスなのか他のアジア株式市場のパフォーマンスも調べてみた結果が以下のようになっていて、私が調べた限りではアジアではモンゴル株が一番の上昇となっていて、次いでバングラディッシュ株、スリランカ株となっています。

  • 日本(日経225):-8.07%
  • 中国(上海総合):-21%
  • 香港(H株):-12%
  • 台湾:-11%
  • ベトナム:2.8%
  • タイ:0.87%
  • インド:-5.11%
  • インドネシア:7.51%
  • フィリピン:7.01%
  • バングラディッシュ:32%
  • パキスタン:-4.73%
  • モンゴル:51%
  • スリランカ:21%

以下にアジア株式市場トップ3のインデックスチャートを載せておきます。

スポンサーリンク

モンゴル株インデックス(MSE Top 20 Index)のチャート(2010年1月~6月2日)

モンゴル株チャート 2010年上期

バングラディッシュ株インデックス(DSE General Index )のチャート(2010年1月~6月2日)

バングラディッシュ株チャート 2010年上期

スリランカ株インデックス(ASI)のチャート(2010年1月~6月2日)

スリランカ株 2010年上期

チャート:Bloomberg

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

コメント

  1. BRICsの株価パフォーマンスを比較[2010/4-6] より:

    下図は2010年4月23日時点を起点として6月4日までのBRICs各国の株価を比較したチャートです。