アジア株 IPO活発化か?

スポンサーリンク

ブルームバーグのデータによると、今年1~6月期の日本を除くアジアでの新規上場(IPO)総額は33億6000万ドル(約3247億円)と、前年同期の143億ドルから大幅に減少、半期ベースで2003年以来の低水準に落ち込んだという。

モルガン・スタンレーのグローバル資本市場グループ担当マネジングディレクター、ジャスティン・ハイク氏らは、IPOの完了を難しくしていた激しい株価変動が収まりつつあると指摘する。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX)は恐怖指数とも言われ、株価の変動を指数化したものだが、2008年11月20日のピークから今年6月30日までに67%低下している。

JPモルガン・チェースの株式・デリバティブ市場担当責任者、ケスター・ン氏は「IPO市場はかなり活発化するだろう。過去1年半の間にIPO計画を棚上げした企業の多くが動き始めている」と語った。

スポンサーリンク

今後アジア株式市場では、株価の回復からIPOが増えてくることが予想され、尚且つ上場後の株価上昇を期待できる相場になってきています。

しかし、日本人がアジア株のIPOに投資するには基本的に海外の証券会社に口座を開設する必要があります。

たとえば、中国株の場合ですと、香港の証券会社に口座開設していれば中国株のIPOに参加することも可能になります。

もし、香港の証券会社などに口座を持っていなくて、中国株のIPOに投資したいならばGLAの中国株ノーロードファンドというファンドに投資することで間接的にIPOへ投資することが可能になります。

この中国株ノーロードファンドでは、日本の証券会社からは投資できない香港上場のリートなどにも投資する予定となっていますので興味がある方はHPをご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
スポンサーリンク