BRICsプラス11投資情報

海外口座も活用しつつインデックスファンドとETFで海外投資実践中の個人投資家ブログ。資産運用ネタ、ふるさと納税など節約ネタが大好物

2014年世界75ヶ国株価ランキング 日本は下落率1位

2014/09/23

2014年も半年を経過しようとしています。今回はそんな中で世界各国の株価状況を確認してみましょう。

下の図はアメリカの投資情報サイト"bespokeinvestment"が公開した世界75ヶ国の株価指数がどれだけ上昇したか、下落したかを表したものです。

2014年上期世界株価指数ランキング

※クリックすると拡大

戦争懸念があるロシアよりも悪い日本

今年ここまでの75ヶ国平均株価騰落率は+4.76%、第2四半期では+1.12%という状況。

その中でなんと日本は世界75ヶ国で一番パフォーマンスが悪いマイナス13.47%。

テレビで連日報道されてご存知ウクライナ情勢で揉めているロシアよりも悪い結果です!

スポンサーリンク

参考記事)2013年 世界国別株価上昇率ランキング最終結果 1位はどこ?

 

新興国 MSCIの格上げ影響は続く

第1四半期好調だったベトナムは、ここ最近の中国との衝突で株価が急落。

株価上昇率1位のドバイ(アラブ首長国連邦)、2位のカタール、8位のアブダビ(アラブ首長国連邦)は、下記参考記事にあるように今年世界的な株価指数プロバイダーであるMSCIがフロンティア市場(MSCIフロンティア指数)の株価指数採用国から新興国市場(MSCIエマージング指数)の株価指数採用国へ格上げする2ヶ国で、昨年の格上げ発表以来高い株価上昇率を維持しています。

参考記事)

-株価上昇率ランキング
-, , ,